徒然草 序段つれづれなるままに、日ぐらし硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書き付くれば、あやしうこそ物狂ほしけれ。これは鎌倉時代に吉田兼好が書いた随筆「徒然草」の序段です。清少納言の「枕草子」、鴨長明の「方丈記」と並んで日本三大随筆